徳島県の方言の特徴

阿波弁は、徳島県で話されている方言です。
県名から徳島弁と呼ばれることがあります。
四国に属しますが、近畿地方の影響を最も多く受けています。
南部の海部群は大阪弁の影響が大きいと言われています。
県西地区と県南地区では違った言葉がまだ沢山あったりします。
といってもどちらも関西弁に近く柔らかな言葉が特徴です。
例えばゼロをジェロ、先生をシェンシェーなどと言います。
他にも大きい弁当買うたら食べるんにあずったわ、これは大きい弁当を買ったら食べるのにてこずったわとなります。
うんちくの犬はまだ子供じゃ、これはうちの犬はまだ子供だになります。
くは家の事を指します。
基本的には関西弁のイントネーションなので、東日本人には徳島人と大阪人の見分けがつきません。
徳島県では標準語の方がマイナーな存在になることもあります。
これはあまり観光客が来なくて、大企業の支店もほとん無いので転勤族もいません。
そして交流の盛んな地域は独自色の強い大阪ですので、徳島は日本で最も標準語を聞く機会の少ない県とも言えます。